社長メッセージ

スマート技術と柔軟な発想で、人と社会の未来に役立つモノづくりを

当社は1914年、国産電力量計メーカーの先駆者として歩みを始め、以来、キュービクル、配電盤、 配電自動化機器など、電力の安定供給を支えるさまざまな製品を提供してまいりました。

電力・ガスの小売全面自由化によって、日本のエネルギー事業は激動の時代に突入。CO2削減や 省エネルギーへの要求はますます高まり、電力分野においてもデジタル化、スマート化への動きが 加速しています。

現在、スマートメーターの導入が終盤を迎える状況の中、当社では新たな収益基盤の確立を経営 の最重要課題と位置づけ、新製品開発と販路拡大に力を注いでいます。具体的には、HEMS・BEMSといったエネルギーマネジメントシステムや、EV充電システムなど、 創業以来のコア技術を発展させた独自の技術により、新たな市場を開拓してきました。また、VPP (バーチャルパワープラント)やスマートグリッド実証設備など、今後のエネルギー事業を支える 最新の技術開発にも積極的に取り組んでいます。さらに、全従業員からビジネスアイデアを募集し、 これまでにないユニークな製品やサービスの提供が生まれつつあります。また、全国への販路拡大も 成果を上げてきています。

一方、昨今、大規模災害の増加や新型コロナウイルスの感染拡大などにより、企業のリスク管理の 重要性が増しています。当社では従来から、サプライチェーンの強靭化や工程などのトレーサビリティ システム構築を図ってきましたが、今後さらなる事業継続力の強化が必要と考えています。

激動の時代、市場の縮小化も懸念される厳しい状況ですが、だからこそ求められる新たな ニーズも出てきます。今後も100年企業として培ってきた技術と信頼を大切に、柔軟な発想で常に チャレンジをし、人と社会の未来に役立つ製品・サービスを提供し続けていく所存です。