事業所紹介

佐用工場

佐用工場は兵庫県の南西部に位置し、豊かな自然環境が残っている美しい町です。この地に昭和47年3月操業開始以来長きにわたり、機械式電力量計の製造を行ってきましたが、現在では、主にユニットケース・直結ユニットの製造を行っています。

地図はこちら

●ユニット式電力量計
 直結ユニット組立
 ユニットケース組立




●PHS-GW収容箱組立

●部品加工(プレス加工)

直結ユニット

ユニットケース

PHS-GW収容箱

ユニットケース組立

プレス加工

Message

佐用工場は、昭和47年3月の操業開始から数え、平成29年3月で45周年を迎えました。この間、電力の取引に使用する機械式電力量計の構成部品の加工、組立、品質検査を経て、各電力会社様にご提供し、使用電力量の計量にお役に立つことができました。近年は、ソケット接続タイプのユニット式電力量計の外周部にあたるユニットケースの製造に携わっております。もの作りにおいては徹底した品質管理とヒューマンエラーを発生させない信頼性の高い生産ラインで、お客さまが満足される高品質な製品づくりに取り組んでいます。

佐用工場長