電力メーター情報発信サービスについて

電力メーター情報発信サービス(Bルートサービス)とはどのようなものですか?

スマートメーターで計測したデータ(指示数等)をお客さま宅内のHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)に向けて発信するサービスです。
スマートメーターから電力会社へ情報発信するルートを「Aルート」、スマートメーターからお客さま宅内へ情報発信するルートを「Bルート」と定義していることから、Bルートサービスと呼ばれることもあります。

各電力会社の電力メーター情報発信サービスに関するサイトはこちらに記載しています。

なぜBルートサービスと言われるのですか?

スマートメーターから電力会社へ連携されるルートがAルート、スマートメーターからお客さま宅内へ連携されるルートがBルートと言われているため、Bルートサービスと呼んでいます。

スマートメーターとは何ですか?

お客さまの電気ご使用量を30分ごとに計測・記録でき、通信機能を持つ新しいメーターです。
スマートメーターの導入により、社会全体の省エネ化への寄与や料金メニュー変更への柔軟な対応、検針業務の効率化等が可能になります。

電力メーター情報発信サービスに申し込みすると何ができるのですか?

電気ご使用量の見える化やスマートメーターからデータを受信することにより、家全体の電気の見える化ができるようになります。
Bルート対応のHEMSゲートウェイを取り付けることにより、省エネや家電制御との連携が可能となります。

詳しくはスマートゲートウェイPlusの製品紹介ページをご参照下さい。

HEMSとは何ですか?

ホーム・エネルギー・マネジメント・システムの頭文字を取ってHEMS(ヘムス/へムズ)と呼ばれています。家庭内のエネルギー(電気ご使用量)の見える化や制御など管理機能を持つ機器のことです。

詳しくはスマートゲートウェイPlusの製品紹介ページをご参照下さい。

Wi-SUN(ワイサン)とは何ですか?

ワイヤレス・スマート・ユーティリティ・ネットワーク(Wireless Smart Utility Network)の略語でWi-SUN(ワイサン)と呼ばれている無線通信規格のことを指します。
スマートメーターとHEMSゲートウェイとの通信に用いられており、無線LANと比べて障害物などがあっても電波が届きやすく、低消費電力であることが特徴です。

スマートメーターから発信されるデータとは具体的にどのようなものですか?

30分ごとのメーター指示数、現時点の指示数や電流値などがあります。

詳細は各電力会社のホームページにてご確認下さい。

PLCには対応していますか?

PLCには対応しておりません。

電力メーター情報発信サービスを受けるにはどこに申しこめば良いですか?

現在ご契約中の電力会社にお問い合わせください。

各電力会社の電力メーター情報発信サービスに関するサイトはこちらに記載しています。

電力メーター情報発信サービスを提供している電力会社はどこですか?

エコーネットライトについて

エコーネットライトとはどのようなものですか?

ECHONET Lite(エコーネットライト)は、エコーネットコンソーシアムが策定した通信プロトコルのことで、スマートハウス向け制御プロトコルおよびセンサーネットプロトコルを言います。
スマートフォンやHEMSコントローラから、家にあるエアコン、照明などを制御したり、家の使用電力量を把握したりするために利用されます。

対応家電は何ですか?

スマートゲートウェイPlusでは、エコーネットコンソーシアムが定める規格
  • ECHONET Lite 企画書 Ver 1.11
  • ECHONET Lite 機器オブジェクト詳細規定 Release F
に準拠しており、以下の家電機器に対応しています。
  • スマートメーター
  • エアコン
  • 太陽光発電
  • 蓄電池
  • 燃料電池
  • 電気自動車/プラグインハイブリッド車
  • 照明機器
  • 給湯器
弊社スマートゲートウェイmini/Plusが対応しているECHONET Lite対応家電の一覧については、こちらでご確認ください。