1. トップページ
  2. 省エネ対策に向けて
  3. 再生可能エネルギーの固定価格買取制度について

再生可能エネルギーの固定価格買取制度について

再生可能エネルギー(太陽光、風力等)の普及・拡大を図るため、平成24年7月1日から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が開始されました。
この制度は、再生可能エネルギーによって発電された電気を一定価格で電力会社等が買い取り、それに要する費用を「再生可能エネルギー発電促進賦課金」として、電気利用者が負担することを義務付けた制度です。
再生可能エネルギーはコストが高いなどの理由により、なかなか普及が進みませんでしたが、この制度によりコストの回収見通しが立ちやすくなり、より多くの人が発電設備を導入し、普及が進むと期待されています。

詳しくはこちら  ・経済産業省 資源エネルギー庁ホームページ
           ・関西電力株式会社ホームページ


省エネ対策に向けて
  • 「省エネ法」「温対法」について
  • 再生可能エネルギーの固定価格買取制度について
  • 家庭で出来る省エネ対策について